金の買取ってどうやるの?その手順を徹底解説!

買取を決めたらまず知っておくべきこと

金やプラチナの価値は、有限の資源として高値傾向にあります。そのため、買取業界の取り引きも活発になっています。
もし不要のゴールドアクセサリーを売却する場合には、少しでも高値で買い取って欲しいと思うのは普通のことです。そのためには、まずは金の価値をしっかりと知っておく必要があります。なお、片方のイヤリングやピアス、石の取れてしまった指輪などワケありの品物であっても、買取価格には影響がほとんどありません。なぜなら、金というものは毎日相場が明確に決められており、その相場を元に買い取り金額も決定しています。さらに、金などの貴金属は加工をすることも前提としているので、傷が付いているものや状態の悪いものであっても、買い取り金額に影響することはありません。

店舗に持ち込む場合とネットによる取り引き方法

直接、買い取り店舗に品物を持ち込んで買い取りを希望する場合には、業者によって多少の違いはありますが大まかな手順は同じです。まず店頭で専門のスタッフが品物を査定します。そしてその場で査定金額を提示します。その査定金額に納得がいけば、契約成立として売却契約の手続きに入ります。その際には、免許証やパスポートなどの本人確認のできるものの提示をして必要書類にサインをします。その場で現金を支払われるケースと口座に振り込む方法があるので、どちらかを選びます。
インターネットによる査定は、郵送で査定希望している品物を送り、業者からの査定結果を待ちます。結果は電話やメールにて伝えられるので、その結果に納得がいけば売却手続きに入ります。その場でも本人確認できる書類のコピーが必要になります。その後、指定された口座に買取金が振り込まれる仕組みです。