高額で買取される金はコレ!

ゴールドの魅力とは?

金を含む貴金属の魅力はその美しさにあります。金は銀や銅といった金属に比べて錆びることがない安定した素材であることと、美しい輝きから古代から世界中で親しまれてきました。
そして金は権力や豊かさの象徴として使われてきたことから、現在も特別な素材であるという地位は変わっていません。特に宝石をあしらったジュエリーとしてだけでなく、投資財産としての価値も高いことが金の価値を高めている理由でもあります。
さらに、金は宝飾品としての利用だけでなく医療現場や工業用の製品の一部に使われたり、さらに美用品の素材にも用いられたりといった多岐に渡って使われることのある素材です。
そのような背景があって、金の価値はある日突然無くなってしまうということがありません。

ゴールドの種類について

ゴールドとひとことにいっても、実は色々な種類があります。
アクセサリーの刻印で「24k」とか「18k」といった表示をされているのを見た事がある人は多いでしょう。この数字は金の純度を示しています。
24kは、いわゆる純金のことです。日本では正確には純度が99.99%以上のものという基準があります。純金は、耐腐食性に優れていることが特徴です。しかしとても柔らかい素材なので、そのままアクセサリーに用いるには適していません。
18kは、金の含有率が75%のものを指すもので、変色しにくくかつある程度の硬度も持っているため、アクセサリーとして用いられる金としては一番メジャーなものになります。金以外には銀やパラジウムなどが含まれています。